繁忙期はNG!エアコン取り付けは早めの行動が吉!

どんな業界にも繁忙期と呼ばれる時期があります。もっとも忙しくなる時期、ということですが、例えば運輸業界だと年末年始やゴールデンウイーク、お盆などがそれに該当します。この時期になると航空券や新幹線のチケットは値上がりしますし、ホテルの宿泊料金なども普段に比べてかなり高くなってしまいますよね。

では、エアコン取り付け業界において繁忙期はあるのかということですが、当然繁忙期はあります。基本的にエアコン取り付けを依頼するときには繁忙期を避けることになりますが、ここではその理由についてお伝えしたいと思います。繁忙期に依頼しても良いことは何一つありませんから、その理由をしっかり覚えておきましょう。

業者が捕まらない

夏繁忙期にエアコン取り付けを業者に依頼しないほうが良い理由として、業者が捕まらないということが挙げられます。繁忙期というのは読んで字のごとく非常に忙しい時期のことです。6~8月の繁忙期になるとエアコンを取り付けようと多くの方が業者に依頼し始めますし、メンテナンスなどで大忙しになってしまう業者もあります。そのため、お願いしようにもできないのです。

エアコンを取り付けてもらおうにも業者が捕まらないのでは難しいですし、結局暑い中過ごすことになるでしょう。ゴールデンウィークやお盆に航空券の当日チケットを取ろうと思ってもなかなか取れませんよね。それと同じことです。この時期はとにかく業者は忙しく走り回っていますから、対応できるのはしばらく先と言われてしまうこともあるでしょう。

料金が高くなっている

エアコン業界における繁忙期は書き入れ時ですから取り付け料金も高くなっています。業者にとっては儲けるチャンスですし、嫌でも多くのお客さんから声がかかる時期ですから料金も高く設定しているのです。そんなやり方は汚い、と思った方もおられるかもしれませんが、このようなことはさまざまな業界で行われています。航空券や新幹線もそうですよね。

繁忙期に依頼してしまうと自然と高いお金を支払うことになってしまいますから、エアコンの取り付けを依頼するときには繁忙期を避けるべきなのです。できれば秋口や冬に取り付けておくといいかもしれませんね。暑い時期が近付いてくるとみんな同じことを考えますし、夏に備えてエアコンのメンテナンスをしてほしいと考える方もいます。捕まらないうえに高くなってしまいますから得策ではありません。

エアコン取付は早めに

繁忙期に依頼するべきではない理由は業者が対応してくれない、料金が高くなるということです。ほかにもあるかもしれませんが、代表的なのはこの二つでしょう。そのため、真夏になってから業者に依頼しようとするのではなく、できるだけ早めに行動することをおススメします。先ほども言ったようにできれば秋口、冬がおススメですよ。

夏場は暑さに我慢できずにエアコンを設置したいと考える方も増えますし、そうなると嫌でも業者に依頼するしかありません。運よく業者を捕まえることができたとしても思いっきり足元を見た価格を提示されます。計画的に行動しておけばこのようなことは回避できますから、ぎりぎりになって動くのではなくできる限り早めに行動することをおススメします。

まとめ

すでにお話したと思いますが、エアコン業界の繁忙期はだいたい6~8月です。7月はもう真夏ですから業者も相当忙しくなっているでしょうね。ギリギリに連絡しても業者が電話に出ない、ということも考えられます。秋口や冬なら業者もすぐ捕まるでしょうし、通常料金で工事してくれるはずですから狙い目です。早めに取付して、夏が来る頃には快適な空間で過ごせるようにしておきましょう。