エアコン取り付けにいい時期

日本の夏は年々暑くなってきています。また、暑くなり始める時期を早くなってきました。最近は、5月の終わり頃から気温が30度前後となる地域も多く、エアコンをつけ始める人も多いのではないでしょうか。エアコンは暑い時期にはなくてはならないものになりましたが、エアコンは決して安いものではありませんので、できれば安く購入したいものです。エアコンの購入を考えている人は、どの時期が買い時なのでしょうか?

エアコンが安く購入できる時期は、8月上旬ころ!

街の電気屋さんは、家電量販店より価格が高い傾向にありますので、安いエアコンを購入するのであれば、家電量販店がおすすめです。もちろん、街の電気屋さんは、親身になって相談できたり、故障してもすぐ駆け付けてくれたりと親切でもあります。年配の方などで、あとあとの末永いアフターフォローを求めているのであれば、電気屋さんで購入するのをおすすめします。

エアコン購入とにかく安く購入したい!というのであれば、8月上旬がおすすめです。夏になると家電量販店で、大量に安いエアコンを用意します。冷房が必要になる時期といえば、6月から8月ごろです。しかし、8月を過ぎると暑くなるピークも過ぎ去っていき、だんだんとエアコンが売れなくなっていきます。当然、家電量販店としては、在庫を残したくありませんので、8月初め頃には、6月よりも安い価格で売り出します。しかし、こういった夏のセールのタイミングで買う人がたくさんいて、配送や工事が集中してしまいます。8月もまだまだ暑い時期ですから、買い時なのですが、購入しても時間がかかる場合もあります。

エアコン本体の価格がそこまで安いものでなくても、省エネ効果などの機能がたくさんあるほうが電気代を節約できると考える人であれば、9月~10月が狙い目です。というのは、エアコンの新製品は毎年10月頃に発売されます。家電量販店は、新製品が出る前に、旧製品の在庫をできるだけ残さないよう安く売り出しされます。新製品と旧製品であれば、確かに新製品の方が機能が充実していたり、デザインが新しくなっていたりするかもしれません。しかし、実際に一つ前の型のエアコンと大きく変わることってほとんどありません。少しでも機能がたくさんある高品質なエアコンを安く購入したいのであれば、9月~10月がおすすめです。また、夏のピークが過ぎていますから、エアコン取り付け工事にも時間がかかりません。

エアコンの買い替えるタイミングは?

エアコンの寿命は何年くらいあるのか考えたことあるでしょうか?エアコンはそうたびたび買い替えることはありませんし、年数なども気にせず古いエアコンを長い間使い続けていることが多いのではないでしょうか。2009年4月から消費生活用製品安全法の改正で、「長期使用製品安全点検制度・表示制度」というのが始まり、家電製品や住宅の設備機器に製造年月、設計標準使用期間、点検期間が表示されるようになりました。設計標準使用期間というのは、標準的な使用条件で使用した場合、安全上問題なく使用できる期間を言いますが、10年とされているエアコンが多いようです。環境や使う頻度によるかもしれませんが、10年過ぎたらいつ故障してもおかしくない可能性があるということです。今まで大きな問題もなく、10年以上エアコンを使い続けている人も多いと思いますが、そろそろ買い替えを検討されてもよいかもしれません。

家電量販店やインターネットでエアコンは格安で購入することができますが、エアコン購入にあたっての注意点があります。通常、エアコン取り付け工事費用の相場は、8,000~12,000円ほどですが、エアコン取り付け工事費用がこれより安過ぎる場合や工事の所要時間が数十分で終わる場合も注意が必要です。エアコン取り付け工事の所要時間は、2~3時間ほどかかるのが普通ですが、数十分で終わるということは手抜き工事である場合があります。そして、インターネットでエアコンを購入する際、購入したはずのエアコンが届かない場合などもありますから、信用できるサイトで購入されることをおすすめします。